top of page
  • NUHW_OT

能登真一教授の巻頭言が学術誌「作業療法」に掲載されました

作業療法学科の能登真一教授の巻頭言が学術誌「作業療法」に掲載されました.

学術誌「作業療法」は,日本作業療法士協会が発行する学術雑誌です.

能登教授は,この学会誌の編集委員を務めており,第38巻5号の巻頭言を担当されました.



能登教授の巻頭言はこちらから.

(J-Stageより閲覧可能です)



最新記事

すべて表示

【作業療法士の視点】高校最後の大会まで部活を続けるために

作業療法士が経験したエピソードを紹介します。 彼女を担当したのは、高校3年生に進級する3月のことでした。彼女はバスケットボール部に所属しており、キャッチ動作や転倒、コンタクトプレーで何度も突き指をしていました。その結果、指が徐々に曲がって完全には伸びなくなってしまいました。 部活を続けたいという強い思いを抱えながらも、キャッチ動作で指がさらに悪化する恐怖から、彼女は部活を休みがちになっていました。

Comments


bottom of page