NIIGATA UNIVERSITY OF HEALTH & WELFARE

OCCUPATIONAL

THERAPY

​作業療法学科

ゼミの紹介

作業療法学科では3年次より卒業研究に取り組みます。学生は興味や関心のある専門領域や研究内容から指導教員を選択し、各ゼミでより高度で専門的な作業療法を学びます。卒業研究や学外実習を通して、学生は作業療法への理解を深めます。就職・進学後は、各領域でのエキスパートを目指して活躍の場を広げています。

作業療法士は対象とする方々の様々な生活障害に対応し、対象者や介護者の生活の質の向上を目指し支援します。本ゼミでは、生活障害に関連する生理機能や動作の研究を行っています。ゼミでは、粘り強く物事に取り組む姿勢を大切にしながら、新たな学びや体験の楽しさを感じてもらいたいと考えています。

今西ゼミ

IMANISHI

Seminer

生理機能や動作に関する研究

NOTO

Seminer

能登ゼミ

脳の高次機能に関する研究

本ゼミのモットーは、学生自らが抱いた興味や疑問について簡単な研究で明らかにすることです。そのため、ゼミのテーマとしては、「記憶力」や「注意力」といった人間の基本的な脳の働きに関するものが多くなっています。勉強にしてもスポーツにしても、自ら目標を持って取り組まない限り、有意義な時間を過ごすことができません。些細なことでも自ら進んで取り組む姿勢が何より大事だと考えています。

OYAMA Seminer

手に重度な損傷を受けると、その機能を回復させるのに苦労します。機能回復のためにハンドセラピィ(手の外科の専門リハビリ)が必要になりますが、最近では手の外科の進歩に伴い、ますます術後早期から行われるようになりました。大山ゼミでは、電気生理学的手法を用いて、より安全で効果的なセラピィ技術を開発することを目指します。ゼミはいつも笑いが絶えず、楽しい雰囲気です。

大山ゼミ

手外科のリハビリに関する研究

高齢化社会の進展に伴い、現在、在宅における作業療法士の役割が期待されています。在宅で自立した生活を援助するためには、幅広い知識と多職種との協働を通じて在宅生活を拡大する技能が必要となります。本ゼミでは、高齢者の在宅生活支援に興味のある学生が集まって研究を行っています。生活障害を分析し、理解することで在宅生活を支える技術と感性を磨き、将来は地域で活躍して欲しいと考えています。

能村ゼミ

高齢者の在宅生活支援に関する研究

NOMURA

Seminer

藤目ゼミ

FUJIME Seminer

生活と手の機能に関する研究

ヒトの手には様々な機能が備わっています。普段当たり前のように使っている道具や、何気ない日常の活動も、複雑で繊細な手の機能によって支えられています。そのため、手に障害を負うと様々な症状が表れ、多くの「なぜ」「どうして」が生まれます。本ゼミでは、そんな手の機能に関する小さな疑問を、画像診断や動作解析,電気生理学などの複数の視点から解明することを目指します。研究活動を通じて、疑問を形にする能力と、解決する楽しさを感じてほしいと思います。

近年、生活範囲の拡大や移動手段の確立のために、作業療法士が自動車運転支援に関わる機会が増えてきています。自動車運転は新潟県のような地方都市では、欠かすことのできない重要な移動手段であり、大事な作業活動の一つです。本ゼミでは、患者様が安全に快適に運転するための環境設定や支援について調べるために、運転シミュレータや検査キットなどを使用して研究を行っています。本ゼミで学んだことが卒業後、実際の現場(臨床場面)での業務に少しでも活かされたらうれしく思います。

外川ゼミ

SOTOKAWA

Seminer

障害者の自動車運転再開支援に関する研究

臨床現場で活躍する作業療法士の多くが、脳卒中などの中枢神経疾患を対象にリハビリテーションを提供しています。中枢神経疾患は、感覚運動・知覚・認知に関する様々な障害を呈します。本ゼミでは、作業療法の視点を生かして、中枢神経疾患に対する神経リハビリテーション手段の開発を目的とした研究を行っています。ゼミ活動を通して、学生には自身の興味や関心を深め、能動的に問題解決に取り組む姿勢を身につけて欲しいと思います。

ASAO Seminer

浅尾ゼミ

神経リハビリテーション手段の開発に関する研究

間宮ゼミ

認知症はメディアで頻繁に取り上げられており、社会的に関心の高い分野です。認知症といえば記憶障害が有名ですが、実際の認知症の症状は多彩であり、医療や介護の現場では多くの疑問・混乱が生じます。本ゼミでは認知症や記憶・注意の障害といった認知機能障害について学び、その中で得た疑問を心理学や行動学の手法を用いて研究を行います。形の見えない認知機能障害を捉える技術を学んで、患者様や御家族の助けになってもらいたいと考えております。

MAMIYA Seminer

認知症や認知機能障害に関する研究

人々が幸福に生きがいを持って生きていくためには、誰かに支えられ、誰かを支え、社会とつながりを持つことで生活がより豊かになります。病気や加齢等により生活の範囲が狭
まってしまった方への社会参加の支援が作業療法士に求められています。本ゼミでは、
障害者や高齢者、若者等の生きがいや社会参加、幸福について学び、普段の生活で疑問に感じていることを科学的に検証することを目指します。臨床と研究は表裏一体です。研究活動を通じて「なぜ?」と疑問を持ち、その疑問を解決する力は作業療法の技能を高めます。ぜひ、ゼミ活動からそれらの力を身につけてほしいと思います。

北上ゼミ

KITAKAMI

Seminer

障害者・高齢者・若者の社会参加に関する研究

心の疾患をもつ方の生活しづらさに対して作業療法は何が提供できるか?という問いが本ゼミの中心にあります。具体的には、生活障害と精神機能との関連に焦点を当て、生活機能の「活動」を支援する作業療法を探求します。そのため、記憶や注意などの認知機能、感情や気分などの心理面、コミュニケーションや遊びなどの集団関係といった複数の視点からアプローチ方法を考えます。当たり前と思われていることを問い直し、創造性を最大限に発揮して、楽しみながら研究を行っています。

WATABE

Seminer

渡部ゼミ

生活障害と精神機能に関する研究

学校法人 新潟総合学園 新潟医療福祉大学

〒950-3198 新潟市北区島見町1398番地 TEL:025-257-4455(代)

[入試事務室] TEL:025-257-4459/FAX:025-257-4456

新潟医療福祉大学

リハビリテーション学部 作業療法学科 

 

Copyright (C) 2018 NUHW. All Rights Reserved.