top of page
  • 執筆者の写真NUHW_OT

新任教員の紹介

みなさん、こんにちは。

この度、作業療法学科に新しい先生が加わりました。

早速自己紹介をお願いします!


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

はじめまして。6月から着任しました圓 純一郎(えん じゅんいちろう)と申します。


鹿児島県の離島、奄美大島の生まれで中学まで奄美市(旧名瀬市)で過ごしておりました。高校からは鹿児島市へ上京し、生まれて初めて雪を見たのも高校生の時です。その後、青山学院大学の経営学部を卒業し、東京・福岡で塾講師の仕事をしておりました。2001年に鹿児島大学医学部保健学科作業療法学専攻に再度入学し直し、学費と生活費の全てを自力で稼ぎながら大学院博士課程まで修了しました。


学生時代はテニスをしておりましたが、もううん十年スポーツからは遠ざかっています。また、高校時代は天文研究部に所属して星を眺めておりましたが、視力の低下や星の見えない環境での生活が長くなっていたため最近はこちらも遠ざかっております。今回新潟にやってきて一番の楽しみの一つに、星の綺麗な環境でまた高校時代に戻って星を眺めたりすることが出来ることがあげられます。


専門分野は神経筋再生治療と評価システムに関することや無痛性病態メカニズムの解明に関することです。また生活支援機器の開発にも携わっております。ハンセン病には鹿児島大学学部生時代から研究で関わり、今ではライフワークとなっております。


第一印象は「怖そう」と言われますが、中身は穏やかと自任しております。

作業療法は“十人十色”様々な人がいるからこそ、それぞれに寄り添うことの出来る素晴らしい仕事です。国際的な経験や作業療法の楽しさを伝えていくことで、皆さんはさらに幅広い経験が出来るかと思います。大学生活の4年間、多様な視点を身につけていきましょう。

皆さん、気軽にQ棟307号室に顔を出してください。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


圓先生、ありがとうございました。


これから講義やオープンキャンパスなどでお会いできると思いますので、ぜひ声をかけて下さい!

最新記事

すべて表示

【作業療法士の視点】高校最後の大会まで部活を続けるために

作業療法士が経験したエピソードを紹介します。 彼女を担当したのは、高校3年生に進級する3月のことでした。彼女はバスケットボール部に所属しており、キャッチ動作や転倒、コンタクトプレーで何度も突き指をしていました。その結果、指が徐々に曲がって完全には伸びなくなってしまいました。 部活を続けたいという強い思いを抱えながらも、キャッチ動作で指がさらに悪化する恐怖から、彼女は部活を休みがちになっていました。

コメント


bottom of page