top of page
  • NUHW_OT

本学科卒業生の施設(新潟県障害者リハビリセンター)を両陛下が視察!

 2019年9月17日に天皇、皇后両陛下が「新潟県障害者リハビリテーションセンター」を訪れました。その施設には、本学科5期生の高野友美さんが勤務しています。

【高野友美さん(本学科5期生)からのコメント】

 両陛下は、当センターのご利用者の訓練の様子を視察されました。脳卒中のご利用者に対する、自動車運転再開に向けたドライブシミュレーターでの訓練や職業訓練に用いられるピッキング作業をご覧になられました。

 ドライブシミュレーターでの訓練について私が説明を行い、その中で皇后様から「ドライブシミュレーターの中では、どのような障害物が出てくるのか」など質問がありました。

 両陛下は、ご利用者や職員に対しやさしい励ましのお言葉をかけていただきました。ご利用者は皆とても喜び「この貴重な経験がこれからの人生の励みになる」と感動していました。

ご視察のご様子動画_FNN.jpプライムオンライン


【左写真:新潟県提供】天皇、皇后両陛下による訓練室ご視察のご様子

最新記事

すべて表示

【作業療法士の視点】高校最後の大会まで部活を続けるために

作業療法士が経験したエピソードを紹介します。 彼女を担当したのは、高校3年生に進級する3月のことでした。彼女はバスケットボール部に所属しており、キャッチ動作や転倒、コンタクトプレーで何度も突き指をしていました。その結果、指が徐々に曲がって完全には伸びなくなってしまいました。 部活を続けたいという強い思いを抱えながらも、キャッチ動作で指がさらに悪化する恐怖から、彼女は部活を休みがちになっていました。

Comments


bottom of page