top of page

MENU

新潟医療福祉大学  作業療法学科 

能登真一教授らの研究論文が国際誌「International Journal of Environmental Research and Public Health」に掲載されました

作業療法学科の能登真一教授らの研究論文が国際誌「International Journal of Environmental Research and Public Health」に掲載されました.


能登真一教授は,高次脳機能障害に対する作業療法に加え,リハビリテーションの臨床経済学的研究を専門としています.本研究は,QOL(Quality of life,生活の質)をテーマにした内容です.



研究概要とコメント:

この研究は,一般住民の生活習慣と健康関連QOLの関連を調べた上で,影響を与えている因子をもとにmicrosimulationという手法で質を調整した生存年(Quality-Adjusted Life Years: QALYs)を推定したものです.

活動的に過ごし,良質な睡眠を取っている人はそうでない人に比べて,3.6QALYs(何年後であっても,完全に健康な状態で3.6年過ごせるということ)を余分に獲得できるという結果になりました.

本研究の結果は,健康維持プログラムの必要性とそれについての費用対効果を議論する際に有用になると考えています.


論文情報:

Noto S, Saito S, Shiroiwa T, Fukuda T. Estimation of Lifetime QALYs Based on Lifestyle Behaviors. International Journal of Environmental Research and Public Health 18 (19): 9970, 2021.

DOI: 10.3390/ijerph18199970



作業療法学科ページ






最新記事

すべて表示

【作業療法士 こころに残るあの場面 趣味の写真撮影を通して自信を取り戻し前向きになれた作業療法支援】

脳卒中を発症したAさん。入院当初は、思い通りに体を動かせず意欲が低下しており、訓練が出来ない状態でした。Aさんの趣味は写真撮影。孫の運動会では専属カメラマンとして、撮った写真を家族で見ることが定番とのこと。 作業療法では、片手でも持てるデジタルカメラを用意し、気晴らしに風景を撮る練習を行いました。「もう少しこっちの角度で撮った方がいいな。」と徐々にこだわりが出てきました。病院祭があり家族と一緒に参

Comments


bottom of page