top of page

MENU

新潟医療福祉大学  作業療法学科 

能登真一教授が編集・執筆の書籍「ポケット版OT臨床ハンドブック第2版」が出版されます

作業療法学科の能登真一教授が編集・執筆を担当する「ポケット版OT臨床ハンドブック第2版」が出版されます.この書籍は,身体障害領域の作業療法について幅広く疾患別に基礎知識や評価・治療についてまとめられています.また,気軽に持ち運び可能なサイズで,臨床の作業療法士だけでなく,作業療法学生にも愛読された書籍の改訂版です.



能登真一先生のコメント:

 本書の初版は私が新人時代にバイブルとしてとてもお世話になった本です.あれから25年以上が経ちましたから,今回,マリアンナOBとして大幅に改定しました.ただ,変えなくてよいところ,つまりそれは作業療法があくまで医療の中で病気を治すことに主眼が置かれなければいけない治療であることですが,このことは生活モデル,あるいは地域モデルが主流になりつつある作業療法にあっても重要だと,そのようなエッセンスを残した内容になっています.ちょっと高い本ですが,皆さんにとってもバイブル的存在になると信じています.


書籍情報:

大森みかよ,能登真一編集:ポケット版 OT臨床ハンドブック 第2版.三輪書店,2021.

https://shop.miwapubl.com/products/detail/2368


最新記事

すべて表示

【作業療法士 こころに残るあの場面 趣味の写真撮影を通して自信を取り戻し前向きになれた作業療法支援】

脳卒中を発症したAさん。入院当初は、思い通りに体を動かせず意欲が低下しており、訓練が出来ない状態でした。Aさんの趣味は写真撮影。孫の運動会では専属カメラマンとして、撮った写真を家族で見ることが定番とのこと。 作業療法では、片手でも持てるデジタルカメラを用意し、気晴らしに風景を撮る練習を行いました。「もう少しこっちの角度で撮った方がいいな。」と徐々にこだわりが出てきました。病院祭があり家族と一緒に参

Kommentare


bottom of page