top of page

MENU

新潟医療福祉大学  作業療法学科 

新任教員紹介②

みなさん、こんにちは.

二人目の新任教員は髙橋先生です.

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

はじめまして.4月から着任しました髙橋 里奈と申します.

埼玉県に生まれ,これまでずっと埼玉県で生活していました.養成校は,神奈川県だったのですが,埼玉から満員電車に揺られて毎日通学していました.中学高校では,剣道部だったのもあり,学生時代には,かなりの忍耐力が培われたものと思っています.

 OTを取得後は,急性期病院で臨床をやってきました.学生時代に,養成校の先生の授業に魅了され,ハンドセラピィに興味を持ち,急性期病院を選びました.

 専門分野は,身体障害領域です.大学院での研究は,「筋電図を用いたBF療法の確立」を主な研究テーマとして,肘関節周辺骨折患者に対し,筋電図BF療法の訓練方法の検討,効果検証,評価方法を研究してきました.

 私は,これまで,何事も「やってやる!」精神できました.「継続は力なり」ということわざがありますが,前を向いて,コツコツと小さな努力も続けてやればそれなりの未来があります.作業療法士は,患者さんに寄り添って,一緒に前を向いていけるようにサポートができる職種です.大学生活を楽しみつつ,一緒にコツコツと小さな努力を続けましょう!

よろしくお願いします.

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

髙橋先生は2年生、3年生の科目を担当されています.

新潟に来て間もないので、みなさんからの新潟おすすめ情報をお待ちしてます!

最新記事

すべて表示

【作業療法士 こころに残るあの場面 趣味の写真撮影を通して自信を取り戻し前向きになれた作業療法支援】

脳卒中を発症したAさん。入院当初は、思い通りに体を動かせず意欲が低下しており、訓練が出来ない状態でした。Aさんの趣味は写真撮影。孫の運動会では専属カメラマンとして、撮った写真を家族で見ることが定番とのこと。 作業療法では、片手でも持てるデジタルカメラを用意し、気晴らしに風景を撮る練習を行いました。「もう少しこっちの角度で撮った方がいいな。」と徐々にこだわりが出てきました。病院祭があり家族と一緒に参

Comments


bottom of page