• NUHW_OT

北上守俊助教らの研究論文が「地域ケアリング」に掲載されました

北上助教は,障害者の就労支援に関する研究に取り組んでいます.本研究は,全国の就労系障害福祉サービス事業所におけるリハビリテーション専門職の支援ニーズを調査した研究です.



研究概要とコメント:

 就労移行支援事業所等の就労系障害福祉サービス事業所数は年々増加しており、リハビリテーション専門職が従事する事業所も一定数存在します。しかし、リハビリテーション専門職がどの程度、どのような支援が必要とされているのか整理されていませんでした。その結果、177施設中83施設(46.9%)がリハビリテーション専門職が「必要である」と回答し、具体的な支援内容として「一般就労の可能性や一般就労に向けた課題の検討」について支援ニーズが高いことが明らかとなりました。この研究結果が、働きたいと願う障害のある方の支援体制の充実に繋がればと思っています。


論文情報:

北上守俊,野﨑智仁,峯尾舞,齊藤陽子,西村仁美.就労系障害福祉サービス事業所におけるリハビリテーション専門職の支援ニーズ-全国の実態調査から-.地域ケアリング23(12):40-45,2021.


作業療法学科ページ

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/ot/