top of page
  • NUHW_OT

作業療法学科の学生が高次脳機能障害に関するセミナーに参加しました

2019年9月14~15日に万代市民会館において,第11回「高次脳機能障害」への短期集約セミナー(主催:高次脳機能障害友の会「スワン」)が開催されました.

北上ゼミの学生2名が高次脳機能障害の当事者へのサポーターとして参加しました.





病院を退院された後,高次脳機能障害者とその家族がどのような生活をされ,将来,作業療法士になった時にそのような方々に何が出来るのか考えるきっかけになれば嬉しいです!



新潟県高次脳機能障害者の就労を支える会 ホームページにも,研修会の報告が掲載されています.

http://www.niigata-bi-work.com/

最新記事

すべて表示

【作業療法士の視点】高校最後の大会まで部活を続けるために

作業療法士が経験したエピソードを紹介します。 彼女を担当したのは、高校3年生に進級する3月のことでした。彼女はバスケットボール部に所属しており、キャッチ動作や転倒、コンタクトプレーで何度も突き指をしていました。その結果、指が徐々に曲がって完全には伸びなくなってしまいました。 部活を続けたいという強い思いを抱えながらも、キャッチ動作で指がさらに悪化する恐怖から、彼女は部活を休みがちになっていました。

Comments


bottom of page