top of page

MENU

新潟医療福祉大学  作業療法学科 

【作業療法士 心に残るあの場面】高校最後の大会まで部活を続けるために

作業療法士が経験したエピソードを紹介します。


彼女を担当したのは、高校3年生に進級する3月のことでした。彼女はバスケットボール部に所属しており、キャッチ動作や転倒、コンタクトプレーで何度も突き指をしていました。その結果、指が徐々に曲がって完全には伸びなくなってしまいました。

部活を続けたいという強い思いを抱えながらも、キャッチ動作で指がさらに悪化する恐怖から、彼女は部活を休みがちになっていました。手外科医からは、「部活を続けられるなら続けてほしいが、これ以上悪くなるのも心配だ」という意見を受けました。実際に彼女と話すと、指が伸びないことが復帰を妨げる一因であるのは明らかでしたが、心理的な影響も大きいように感じました。

「最後の大会に出たい!」という彼女の強い思いを聞き、医師とも十分に相談したうえで、「部活動を継続しながら、可能な限り指の動きを良くする」ことを目標に設定しました。その日から、指の動きを改善するための運動と、不安感を軽減するために装具で指を保護しながらのキャッチ動作の練習を開始しました。医療者としては、「再発を繰り返すことで、今よりも機能が悪くなるリスク」を考えるのは当然です。しかし、作業療法士としては、彼女にとって何よりも大切な「部活動を続けること」を安全に実現するためのサポートが重要だと考えました。

彼女は努力を重ね、サポーターをつけながら最後の大会まで部活を続けました。そして、最後の試合が終わったとき、彼女は満面の笑みを浮かべてこう言いました。「最後まで続けられて本当によかった」。こうして、彼女は晴れやかな笑顔とともに作業療法を卒業していったのです。

最新記事

すべて表示

【作業療法士 こころに残るあの場面 趣味の写真撮影を通して自信を取り戻し前向きになれた作業療法支援】

脳卒中を発症したAさん。入院当初は、思い通りに体を動かせず意欲が低下しており、訓練が出来ない状態でした。Aさんの趣味は写真撮影。孫の運動会では専属カメラマンとして、撮った写真を家族で見ることが定番とのこと。 作業療法では、片手でも持てるデジタルカメラを用意し、気晴らしに風景を撮る練習を行いました。「もう少しこっちの角度で撮った方がいいな。」と徐々にこだわりが出てきました。病院祭があり家族と一緒に参

【作業療法士 心に残るあの場面】失われた役割を取り戻した高齢者への作業療法支援

作業療法士が経験したエピソードを紹介します。 通所サービスに通う80代のAさんは、最近物忘れが多いと家族から指摘されていました。家族は「危ないから何もしなくてもいい」と言い、Aさんは毎日の役割である料理をやめてしまいました。Aさんは作業療法士に「私は何もできなくなってしまいました。何かをしようとすると家族から止められます」と自信を失っていました。 作業療法士はAさんと一緒に料理の練習を行いました。

【作業療法士 心に残るあの場面】再登校を叶えた中学生への訪問作業療法支援

作業療法士が経験したエピソードを紹介します。 数か月前、A君の両親の離婚は彼の人生に大きな影響を与えました。中学2年 生のA君は、その混乱した時期に学校に行くことが難しくなり、周囲の心配や 助言に耳を傾けることもできず、孤独と痛みに包まれていました。 母親に付き添われて医療機関を訪れたA君に、作業療法士による訪問支援が 始まりました。初めは無関心で、ただゲームに没頭するだけのA君でしたが、 作業療

Comments


bottom of page